確かめることが大事

医者

見つけてからわかること

インターネットや啓発本などでうつ病のチェックをして、あてはまるなら病院を受診することです。うつ病のチェックは難しいものではなく、自分のありのままを答えるだけで充分です。こころの病気を持っていると気が付いたら、その結果を受け止めましょう。その結果をもとに、病院を受診しましょう。病院では、新たに診断を下すためにさらにうつ病のチェックを行います。こころの状態や、身体に出た症状、今の気持ちなどを診ます。その際に、インターネットや啓発本で出した結果を持参しましょう。気になることはスマートフォンや手帳などにメモして、医師にしっかりと伝えましょう。また、結果を手元に残しておいて、経過を観察しながら再びチェックをしていくと良いでしょう。すぐに結果が変わることはありませんが、徐々に回復するにしたがって、当該項目が消えていくことを実感できます。もしも結果が悪い方向に変わってしまったら、すぐに医師に相談しましょう。診断と結果・診察を行うことで、回復するまでの道のりが短くなります。うつ病のチェックをするときに大事なのは、自分の気持ちや身体の状態に正直になることです。最初にチェックする項目はもちろん、こころの状態です。こころの状態が悪いことに正直にならないと、正しい結果が導き出せません。こころがどう悪いのかわからないときもありますが、間違いなくあてはまる、という箇所は必ず当たりを付けましょう。曖昧な判断になってしまう項目もあります。その場合、誰かに聞いてみると自分の状態を確認できます。また、うつ病には身体に起こる症状もあります。だるさや吐き気、めまい、頭痛などがそれにあたります。それらもチェックすることで、正しく診断結果を出すことができます。うつ病だと診断されても心配することはありません。診断後は投薬治療やカウンセリングなどを行い、治療をしていくからです。カウンセリングでは、逐一、うつ病のチェックを行っていきます。カウンセリングの結果を医師と共有し、投薬治療や今後の治療法に役立てるためです。その際もやはり、自分の身体やこころに正直になる必要があります。結果をそのまま受け取り、自分のものだと認識することが大切です。

Copyright© 2018 うつ病チェック心の健康を知る【脳のエネルギーが枯渇】 All Rights Reserved.