普段から注意しましょう

女医

再発に気をつけましょう

うつ病になった場合は、放置しておくと落ち込みなどの辛い症状が強くなり日常生活や仕事などがやりにくくなることも考えられます。ですから、できるだけ早くこの病気だということを知る必要があるのですが、その場合はまず自分でうつ病の症状が出ていないかをチェックすることが大切です。この病気では、楽しさが感じられなくなるなどの精神的な症状が出てくるので、いつもと違うような気持ちが出た場合にはこの病気の可能性を考えた方が良いでしょう。また、それだけではなく食欲不振や不眠などの身体的な症状も出やすいので、うつの症状を調べた上で自分の場合には当てはまるかどうかを常に考えておくことをお勧めします。さらに、セルフチェックとして自分の症状を記入してうつ病の可能性があるかどうかを確かめられるものもあるのでこれを利用してみると、うつかどうかを調べやすいはずです。そして症状を確認してみてうつの可能性が少しでもあると思った場合は、できるだけ早く医師に診てもらうと、この病気かどうかが分かる可能性が高くなるでしょう。うつ病ではセロトニンなどの神経伝達物質が十分に機能しなくなっていることが多いので、癒やすためにはこのような機能を改善する薬を使うことが多いと考えられます。また、初期でないうつ病では治療に時間がかかりやすいため、その点でも早めにチェックを行って早期の段階で治療に入ることが大切です。さらに、うつ病の場合は一旦治ってもまた再発することがよくあり、そのため再発防止として精神療法を行ってこの病気になりにくい性格になるよう心掛けたりもします。そして、再発を避けるためにはうつ病になっていないかどうかのセルフチェックを行い、少しでも可能性があると感じた場合は担当医に相談するというやり方もあります。このようにうつ病は一旦治ったとしても、それで安心してしまわないで再発の可能性があるということを常に自覚していることが大切と言えます。また、病気が治った後も規則正しい生活やストレスのない状態などを目指すことが重要なので、その点についても医師からアドバイスを受けてみることをお勧めします。

Copyright© 2018 うつ病チェック心の健康を知る【脳のエネルギーが枯渇】 All Rights Reserved.