医者

確かめることが大事

うつ病のチェックをして通院し、うつ病だと診断されても心配することは何もありません。カウンセリングでチェックを重ね、投薬などの治療を受けましょう。また、うつ病の回復を確認するために、自分でも逐一、チェックをしましょう。

詳しく見る

女性

まずは自分の状態を知ろう

うつ病のセルフチェックは今の自分の状態や気持ちを整理するために行います。治療は大きく抗うつ剤を服用する薬物治療・性格や行動を把握する精神療法・カウンセリング・そして脳を休ませる休養の3つが基本となります。

詳しく見る

女医

普段から注意しましょう

うつ病かどうかを早期の段階で確認するには、うつ病の症状があるかどうかのセルフチェックを行ってみると良いでしょう。また、うつ病の再発を避けるために一旦治ってもセルフチェックを行うようにして、可能性がある場合は医師に診てもらうことが大切です。

詳しく見る

ハート

発症しやすい性格とは

うつ病は貴重面で生真面目な性格の人が、発症する恐れがあると言われています。治療にかかる相場をチェックしてみると、健康保険が適用され3割負担となった場合、月3000円から6000円程度が相場です。1年間に7万から10万程度かかります。

詳しく見る

女性

病院選びのポイント

うつ病の治療を受けるクリニックは、実際にカウンセリングを受けて医師の話を聞き、信頼できるかチェックして選びましょう。うつ病は急性期・回復期・再発予防期という段階に分けて治療を行うのが一般的です。1年から2年程度の治療期間が必要となります

詳しく見る

4つのタイプに分類される

カウンセリング

それぞれの特徴を確認

うつ病は大きくメランコリー型・非定型・季節型・産後型といった4つのタイプに分類されると言われています。それぞれのタイプの違いや、どのような特徴があるのか各うつ病の種類について情報をチェックしてみましょう。この4タイプの中で最も典型的なうつ病の種類にチェックされるのがメランコリー型で、食欲不振や体重の減少といった症状が起こります。脳のエネルギーが枯渇しているような状態になるので、何をやっても気分が晴れない・過度に罪悪感を覚えてしまうのもメランコリー型の特徴です。非定型はメランコリー型とは異なり、食欲が増して体重が増えたり良いことに対しては気分が上がるなどの特徴があります。季節型は文字通りある季節になるとうつ病を発症するというタイプで、有名なのが冬に起こりやすい冬季うつです。季節の移り変わりと共に症状が回復していくのが、季節型の特徴で発症には日照時間などが関係していると考えられています。産後型は産後4週以内に発症するうつ病のことで、妊娠・出産によるホルモンバランスの変化や、育児に対する不安などが発症の原因となります。うつ病は心の病気というイメージを持たれがちですが、実際は脳の中で作られる神経伝達物質に問題があり起こります。なぜ、うつ病が起こるのかの仕組みや、どのような原因で発症するのかなど、うつ病に関する特徴をチェックしてみましょう。脳の中ではセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質が作られ、この物質の働きで脳の機能を維持しています。神経伝達物質がバランス良く働くことによって、喜怒哀楽などの感情がコントロールされるのですが、過度なストレスや疲労が続くと、神経伝達物質の量が減ってしまいます。すると、上手く脳の機能を維持したり、感情をコントロールしたりすることが難しくなり、最終的にうつ病を発症するという仕組みです。心が弱い人はストレスに弱いから発症すると考える人もいますが、これは間違いで悲しいことだけでなく、嬉しいこともストレスとなり、発症するリスクが高まります。今はインターネットで簡単に、うつ病のチェックができるようになっているので、最近疲れが取れない・気持ちが重いという人は活用してみてはいかがでしょう。

Copyright© 2018 うつ病チェック心の健康を知る【脳のエネルギーが枯渇】 All Rights Reserved.